遠すぎて面接を受けに行くのが難しい?電話を活用しよう!


電話面接があれば遠方の工場にも応募可能

地元の工場の求人情報をまめにチェックしていても、まったくよいところが見つからない場合もあるでしょう。試しに住んでいるところから遠方にある工場の求人情報を見たところ、とてもよい条件で働けるところを見つけたかもしれません。しかし、パスするかどうか分からないのに、わざわざ遠方の工場まで面接を受けに行くのはデメリットが大きすぎます。もしも、遠く離れたところにある工場で働いてもよいと考えるときは、電話面接が用意されているところを探してみましょう。

電話面接があればわざわざ現地を訪れずに、自宅で面接を受けることが可能になります。移動時間も移動費用もかからないので、気軽に活用できるのでとても便利です。なお、電話面接が可能なところは多くの場合、求人情報でアピールしています。ただし、小さな文字で書かれているケースもあるため、注意して工場の募集要項に目を通しましょう。

スマホがあればビデオ面接も受けられる

自宅に固定回線は引いておらず、電話はスマホのみにしている方もいるでしょう。スマホを持っているのなら、電話面接だけではなくビデオ面接も利用できる可能性がとても高いです。スマホにカメラ機能が付いていれば、そちらを使って簡単に映像での面接を受けられるようになります。電話面接が用意されていなくてもビデオの方が用意されているところもあるので、工場の選択肢をかなり増やせるでしょう。ちなみに、ビデオ面接はパソコンを使って行うことも可能です。もちろん、カメラとマイクの機能は必須なので、パソコンの利用を考える方は付いているかどうかの確認をおすすめします。

期間工は働く期間が決まっている社員のことで、メーカーに直接採用される場合が多いです。自動車の製造に携わることが多く、工場で組付けや検査などの業務がメイン。資格やスキルがない方でも働くことができます。