何かおかしい?トラックドライバーの求人で評判のあまりよくない運送会社を見抜くコツ


毎月の給与や年収が相場よりも高待遇すぎる会社

入社した運送会社が実は離職率高くて評判のあまりよくない会社だった…。トラックドライバーの求人を見るときに注意点を知っておかないと、このように転職してから失敗したと感じることも出てくるでしょう。ですから評判の悪い運送会社の見極め方は覚えておいたほうがよいでしょう。求人の注意ポイントのひとつに、毎月の給与や年収が相場よりも高すぎる会社といった点があります。

給料がやけに良い待遇の運送会社は、収入面では満足できるものの、業務内容が体力的にキツかったり、残業が多い、休みが少ないといった要因があるケースもあります。このような働き方では、ストレスが溜まる、体力が続かない、といったことになるため、離職率が高くなる傾向にあるのです。入社して早々に「こんなはずじゃなかった…辞めたい…」と後悔することがないように、給料がやけに高い運送会社は注意する必要があるでしょう。

求人広告の回数がやけに多い会社

求人広告が何度も更新されているのにもかかわらず、同じ運送会社の仕事の募集をよく見かける、ということもありますよね。一概には言えませんが、このように求人の回数が多い運送会社は、あまり評判がよくない場合が多いので気をつけましょう。早期の退職者が多くて常に人が不足している会社であるケースもあります。また、好条件の求人が魅力的で応募したものの、求人枠はすでに埋まっていて、求人内容とは全く異なる仕事を紹介されることもあるようです。実は好条件の求人はオトリの求人広告であるケースも多く、虚偽の情報を流す悪い会社もあるので、求人広告の回数が多い運送会社は注意しましょう。

トラックドライバーの求人は距離の長短によっても仕事内容が異なります。長距離ドライバーの場合は深夜に遠方まで運転することもあり、体力が必要です。近場を回る配達ドライバーなどは、女性でも勤務可能です。